児童書 青鬼【最新刊】10巻の発売日予想まとめ

児童書 青鬼 最新刊 発売日

青鬼の最新刊である10巻の発売日予想をご紹介します。

黒田研二、鈴羅木かりんによる児童書「青鬼」の最新刊の発売日はこちら!

青鬼 10巻の発売日はいつ?

児童書「青鬼」シリーズの「青鬼 開かずの扉と虹色の蝶(9巻)」は2022年3月3日に発売されましたが、次に発売される最新刊は10巻になります。

青鬼 10巻の発売日は未定です。

児童書「青鬼」10巻の発売予想日は?

児童書「青鬼」青鬼10巻の発売日の予想をするために、ここ最近の最新刊が発売されるまでの周期を調べてみました。

・「青鬼 沈黙の映画館(7巻)」の発売日は2020年12月15日
・「青鬼 図書館の透明人間(8巻)」の発売日は2021年7月24日
・「青鬼 開かずの扉と虹色の蝶(9巻)」の発売日は2022年3月3日

「青鬼」の発売間隔は7巻から8巻までが221日間、8巻から9巻までが222日間となっています。

これを基に予想をすると「青鬼」10巻の発売日は2022年10月頃になるかもしれません。

「青鬼」10巻の発売日が正式に発表されたら随時お知らせします。

青鬼最新刊発売日まとめ

今回は、児童書「青鬼」の最新刊である10巻の発売日予想などをご紹介しました。

  • 青鬼 10巻の発売予想日は2022年10月頃

青鬼の10巻は発売日が延期される場合もあるかもしれませんが、その場合は随時更新していきます。今後も児童書 青鬼(あおおに)が完結や打ち切りなどで最終巻が発売されるまで最新刊の情報をお知らせします。また、青鬼 本の10巻やドラマ化、映画化、舞台化など最新情報をお届けしていく予定です。